施術前に準備しておくもの|二重整形で大事なこと【納得できる手術が可能なクリニックを選ぶ】

施術前に準備しておくもの

看護師

出来ない手術法もある

二重整形は比較的簡単に行える施術でありながら、効果が大きいということで多くの人が行っています。二重整形の中でもくっきりとした二重にできる方法が切開法と呼ばれるもので、メスを使って二重にする方法です。この方法は目元の印象を大きく変えることができる方法で、皮膚のたるみも同時に解消できる方法です。そのため、若い人だけでなく加齢による目元の皮膚のたるみが気になるという人にも人気があります。効果が大きく、目元の印象が大きく変わりますが、施術からしばらくの間は目元の腫れや内出血が続くことがあるので、1〜2か月の間は目元を隠すような生活をしなくてはいけません。目元の状態は個人差が大きく、ほとんど腫れが目立たないという人もいますが、メスで切開した部分はどうしても腫れたり出血が起きやすくなったりします。この時期を過ぎると目元の状態は安定してきますが、それまでの間はサングラスやフレームの広いメガネを使用するなど、目元が目立たないような物を準備しておきましょう。すぐにはメイクができないので病院から帰宅する時にも必要になります。二重整形は短時間で済む施術なので簡単に行えるというイメージがありますが、場合によっては手術を受けても二重がとれてしまうということがあります。これは埋没法の場合に起こるものですが、切開をせずに糸で二重を作っているだけなので、どうしても何かの拍子に二重がとれてしまいやすくなります。特に二重の幅を広く作る場合には幅が広いぶんだけ元の状態との差が大きくなるので、戻りやすくなってしまいます。他にはまぶたが分厚いタイプの人の場合には、切開法では希望通りの二重にすることが難しいこともあります。特に幅の広い二重整形をしようとすると、食い込んでしまい不自然な目元になってしまいます。まぶたが厚いタイプの人は埋没法で二重整形を行うか、切開法で幅の狭い二重にするほうが、仕上がりが良いでしょう。二重整形は目元の印象を変えることのできる施術ですが、元々の目元の状態によって出来ることと出来ないことがあるということを良く覚えておきましょう。目元ばかりをみていると顔全体のバランスが崩れてしまうことがあるので、どのような二重にするか決める時には顔全体をみて決めるようにします。

Copyright© 2018 二重整形で大事なこと【納得できる手術が可能なクリニックを選ぶ】 All Rights Reserved.