二重手術の種類

ボディ

利点と注意点

手頃な価格で二重整形ができるとあって人気なのが、埋没法です。二重のラインを付けたい部分とまぶたを持ち上げる筋肉を、細い医療用糸で結びます。手術自体は10分から20分程度と短く、ダウンタイムも少ないのが特徴です。糸を留める箇所は1点から3点が主流で、中には5点留めまで行っているクリニックもあります。留める箇所が少ないほど、ダウンタイムと共に二重が持続する期間が短くなる傾向にあります。まぶたの厚みなどを考慮して何点留めが適するか決定しますが、多ければいいものでもありません。なお、埋没法の持続期間の目安は3から5年とされています。半永久的に二重を持続させたいと言う場合は、切開法というメスを入れる二重整形が適当です。二重のラインを入れたい部分に直接切り込みを入れることで、しっかりとした二重にすることが可能です。まぶたの腫れぼったさなどに合わせて、部分切開か全切開を選ぶことができます。切開法はメスを入れるので、人によっては1ヶ月以上のダウンタイムを要します。しかし、二重が取れる心配がほぼなく、手術時に余分な脂肪を取る処置を施すことも可能なので、腫れぼったさが気になる人に最適です。埋没法のときに、5ミリから15ミリほどメスを入れて脂肪を切除する手術もあります。しかし、これではせっかくダウンタイムの短さがメリットの埋没法の意味がなくなってしまいます。また、余計な料金も増えることになるでしょう。同時に脂肪を取りたい場合は、切開法を選ぶといいのではないでしょうか。それから、埋没法は糸で留めているだけの処置なので、目を擦るなどの刺激に弱いです。花粉症などアレルギー体質の人やアイメイクの濃い人などは十分に注意してください。糸が磨耗して緩んでくると二重のラインがおかしくなってくるので、そうなったら二重整形のやり直し時期と考えます。それに埋没法と言っても、クリニックによってその手法は様々です。糸を絡めて縫い留めることで取れにくさを実現しているところも少なくありません。また、糸の結び目がまぶたの外側から目立ちにくいように眼球側で留めるクリニックもあります。埋没法と切開法では前者の方が安価で、全切開と比較すると10万円以上の差が出ます。安全性については両者それほど変わらず、外科手術なりのリスクを伴うものです。いずれにしても実績のあるドクターと入念なカウンセリングを行ってから、二重整形の種類を決めてください。

Copyright© 2018 二重整形で大事なこと【納得できる手術が可能なクリニックを選ぶ】 All Rights Reserved.